作者別: 管理人


後遺障害と遺失利益

18年06月11日

未分類

後遺障害と遺失利益 はコメントを受け付けていません。


弁護士あまり想定したいことではありませんが、交通事故によって受けた障害が残ってしまうことがあります。後遺障害と呼ばれますが、非常に不幸なことになってしまうでしょう。交通事故さえなければそんな被害に遭わずに済んだのですから、当然弁護士は仕事として交渉していくことになります。後遺障害が残ってしまうことになれば、これまでしていたような仕事ができないといった、将来にわたる損失が出てしまうことになるでしょう。これを遺失利益と呼びますが、弁護士はこの交渉もおこなっていきます。

遺失利益は、大変難しい計算です。サラリーマンの場合でも、今の給料が続くわけではなく、もっと成長するかもしれません。これが自営業の場合、前年の収入が大きく変化することも考えられます。さまざまな角度から計算して、後遺障害の等級を含めて遺失利益を計算していかなければいけません。この計算を保険会社に任せれば、できる限り低い金額に抑えようとするでしょう。これはとても不幸なことです。だからこそ、弁護士に働いてもらい交渉をすることになるでしょう。

さらに弁護士がいれば、後遺障害に関する認定もスムーズにいきます。大事な仕事になってきますが、こうした弁護士の活動による費用も保険に弁護士特約をつけておくと、ほぼ負担なしにすることも可能です。

保険金交渉

18年06月03日

未分類

保険金交渉 はコメントを受け付けていません。


電卓仕事としてみてみると、法律の専門家としての知識を生かしながら、保険会社と交渉を進めていくことになります。保険会社は交通事故の専門家でもあり、常に仕事として交渉をおこなっている立場です。示談に関しても、常に仕事として接しているプロだというところが重要でしょう。

弁護士は、交通事故に関しても、依頼者側の立場から取り組んでいくことになります。相手も企業ですので、利益を守らなければいけません。保険会社の持っている算定基準は、被害者にとってはマイナスでしかないものです。驚くほど低い金額になることも多いのは、弁護士が持っている算定基準とはかけ離れているところが大きいでしょう。

弁護士は、裁判の判例から導き出された算定基準を元にして交渉していくのを仕事としています。思っている以上に低い保険金に納得することはなく、正常な金額に引き戻すように交渉を重ねていくのが仕事です。保険会社も素人を相手にするのではなく、弁護士というプロを相手にするようになるため、交渉を早めに終了するなど落としどころを探るようになります。こうしたメリットを生かしながら、依頼者の利益を最大化するのも、弁護士にとって大事な仕事といえるでしょう。


参考/交通事故弁護士
交通事故案件を多数扱っている法律事務所のサイトです。

代理人として

18年06月02日

未分類

代理人として はコメントを受け付けていません。


電話交通事故に関する案件を弁護士に依頼した場合、もっとも重要な仕事は、交渉することにあります。依頼人の代理人として契約することになりますが、自分の代わりに交渉にあたるのが仕事です。これが中心となっていきますが、交渉のスペシャリストとして、法律の専門家の知識を生かしながら代理人をやっていきます

代理人とは、その名前の通り、依頼人の代わりになる存在で、すべての窓口にもなるのが特徴です。人身事故にあったときなどは、ケガをしたりしている場合もあるでしょう。相手との交渉どころか、顔も見たくないというときもあるはずです。保険会社がじゃんじゃん電話を掛けてきて落ち着いていられないという場合も出てくるでしょう。そんな時でも、窓口は弁護士となるため、すべての連絡先に指定することが可能です。

つまり、代理人として依頼することによって、直接タッチすることなく、保険金の交渉をおこなったりできるようになります。相手に会う必要もなくなりますし、自分の時間を邪魔されることもありません。すべては弁護士が仕事としておこなっていくようになりますので、安心して傷をいやせるようになるでしょう。保険金に関しても、専門家として交渉するため安心です。

弁護士の仕事

18年06月01日

未分類

弁護士の仕事 はコメントを受け付けていません。


事故できれば遭いたくないのが交通事故です。人身事故ともなれば、肉体的にも傷つけられてしまいますし、精神的にもつらい毎日を過ごすことになるでしょう。交通事故に遭うというのは、そうそうあることではありません。経験があれば対応も考えていけるようにはなりますが、ほとんどの人はそうはいかないものです。

その中で、被害にあった分は損害賠償を請求することになるでしょう。相手の保険会社は示談金の交渉をし始めます。ですが、一体何が適正な金額なのか、本当に保険会社の提示金額が正しいのかは、簡単に判断ができません。交通事故の知識があれば何とかなる可能性もありますが、保険のプロを相手にどこまで通用するのかは疑問が残ってしまいます。そこで、弁護士に依頼するというのが基本線になってくるでしょう。

弁護士は頼りになる存在なのは間違いありません。交渉をするプロですし、法律の専門家でもあります。それでも、弁護士を利用したことがあればどんなことをしてくれるかがわかるでしょう。経験があるかどうかになってきますが、交通事故に遭遇するのと同様に、ほとんどの人は利用したことがない仕事なのは確かです。そうなると、依頼したとしても、いったいどんなことをしてくれるのかがわからないことも出てきます。それが当然のことなのです。だからこそ、参考にしながら弁護士への依頼を考えてみてはいかがでしょうか。交渉ごとのプロに任せるという意味がきっと見えてくるはずです。