保険金交渉

18年06月03日

未分類

保険金交渉 はコメントを受け付けていません。


電卓仕事としてみてみると、法律の専門家としての知識を生かしながら、保険会社と交渉を進めていくことになります。保険会社は交通事故の専門家でもあり、常に仕事として交渉をおこなっている立場です。示談に関しても、常に仕事として接しているプロだというところが重要でしょう。

弁護士は、交通事故に関しても、依頼者側の立場から取り組んでいくことになります。相手も企業ですので、利益を守らなければいけません。保険会社の持っている算定基準は、被害者にとってはマイナスでしかないものです。驚くほど低い金額になることも多いのは、弁護士が持っている算定基準とはかけ離れているところが大きいでしょう。

弁護士は、裁判の判例から導き出された算定基準を元にして交渉していくのを仕事としています。思っている以上に低い保険金に納得することはなく、正常な金額に引き戻すように交渉を重ねていくのが仕事です。保険会社も素人を相手にするのではなく、弁護士というプロを相手にするようになるため、交渉を早めに終了するなど落としどころを探るようになります。こうしたメリットを生かしながら、依頼者の利益を最大化するのも、弁護士にとって大事な仕事といえるでしょう。


参考/交通事故弁護士
交通事故案件を多数扱っている法律事務所のサイトです。